喫煙課題に対する私たちが提案するソリューション

多くの企業が喫煙対策に
専門チームのサポートを求めています

【Q.5】社員の喫煙対策を行っていない理由は?

「具体的な対策が分からないから」…22.4 %

「健康経営としての喫煙対策に関する調査」より、調査対象者:従業員数1,000人以上の企業の人事・総務ご担当者600名
調査期間:2018年8月、調査手法:インターネット、調査主体:フィリップ モリス ジャパン合同会社

多くの企業が喫煙対策の1つとして、
加熱式たばこの導入を検討しています。 ここでの「導入」は、「今後も喫煙を続ける社員に対して、
加熱式たばこへの切替えを推奨すること。」

【Q.6】健康経営としての加熱式たばこ導入について

「専門チームによる導入サポートを受けたい」とても受けたい+やや受けたい…39.0 %/01.他社事例も含め、どのように計画し実行していくのか、ステップを指導いただきたい。【人事・労務/50,000人以上】/02.導入事例企業の取り組み方法やノウハウを提供してほしい。【総務/3000~10,000人未満】/03.導入者への様々な支援を。導入者への金銭的な支援など。【人事・労務/50,000人以上】

「健康経営としての喫煙対策に関する調査」より、調査対象者:従業員数1,000人以上の企業の人事・総務ご担当者600名
調査期間:2018年8月、調査手法:インターネット、調査主体:フィリップ モリス ジャパン合同会社

フィリップ モリス ジャパンの専門チームが
貴社喫煙課題の解決を全面サポートします。
※私たちは、「煙のない社会」の実現に向けて、
様々な貢献活動を行っています。

【STEP1:喫煙対策プランの設定】貴社の喫煙環境に関する課題に対して、数多くの事例を元に解決策を直接ご提案いたします。【STEP2:各種プログラムご提案】加熱式たばこ機器の貸出や、その使用環境開発に関するサポートをさせていただきます。加熱式たばこ導入の際の、購入補助金プログラムもご要望によりご案内させていただきます。【STEP3:勉強会・体験会によるサポート】喫煙者従業員の皆さまへ、加熱式たばこの勉強会、体験会、ご希望の方へのご案内もさせていただきます。

実際にいくつかの企業様が、
専門チームの導入サポートで
喫煙対策に成功されています!

事例1:非喫煙者からの苦情軽減対策

Before

従来の紙巻たばこの喫煙における苦情を人事・総務担当者が受ける。

After

喫煙者従業員に向けて禁煙と加熱式たばこへの理解・移行促進。非喫煙者からの苦情を軽減。

事例2:喫煙室のニオイの苦情とメンテナンス費用の軽減

Before

従来の紙巻たばこのニオイで非喫煙者からの苦情頻発。喫煙室における日々の清掃コストが発生。

After

加熱式たばこ専用ルームに改装、喫煙者はほぼ100%が加熱式たばこへ切り替え。従来の紙巻たばこのニオイを軽減、さらに清掃必要経費の軽減。

フィリップ モリス ジャパンの専門チームが
貴社喫煙課題の解決を全面サポートします。